新型コロナウイルスに関する情報はこちらから

TOP スペシャルコメンテーターとしてKENTO MORIが登場!

スペシャルコメンテーターとしてKENTO MORIが登場!

2016年始めて開催!ダンス用ステージ
『ストリートダンスフェス in Hawaii』

2016年初めて開催する「ストリートダンスフェスin Hawaii」に、世界で活躍するダンスアーティストKENTO MORIさんがスペシャルコメンテーターとして登場!
ハワイで思い思いのダンスを披露できるダンス用ステージ。
カラカウア大通りでKENTO MORIさんと一緒に踊れるパンパシフィックまつりパレード。
世界各国から人々が集まるハワイの地で、ダンスを通じて世界を一つにしよう。

会場 : ワイキキ・ビーチウォーク・プラザ ステージ
日時 : 6月10日(金) 19:00~22:00




 

世界最高峰の舞台で活躍するダンスアーティスト
KENTO MORI
ストリートダンスフェス in Hawaiiにスペシャルコメンテーターとして登場!

KENTO MORI(ケント・モリ)プロフィール
2006年に単身渡米、アメリカを拠点に活動。これまでにマドンナ、クリス・ブラウン、アッシャー、ニーヨ、シアラ、チャカ・カーンといった世界のトップアーティストの専属ダンサーを務める。
2008年にマドンナのワールドツアー"Sticky & Sweet Tour"の専属ダンサーに抜擢され、世界中を周る。
2009年マイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』オーディションに合格し、2年間の専属ダンサー契約を交わすも、マドンナのツアー専属ダンサーとして契約期間中であったため、断念。しかし、マイケル・ジャクソンが亡くなった直後、マドンナから直々の依頼で、マドンナのコンサートでマイケル・ジャクソンへの追悼ダンスを踊り、その映像が世界中で流れ、大きな話題となった。アメリカでは、クリス・ブラウン、シルク・ドゥ・ソレイユ、ニーヨ、シアラ、オースティン・ブラウンの5者から同時に専属ダンサーオファーを受けるほどの人気で、グラミー賞をはじめとする数々のアワードショーへの出演、マドンナ、クリス・ブラウンやニーヨ、シアラ、トニー・ブラクストンなどの多数のミュージックビデオにも出演。
2014年~2015年には、アッシャーのワールドツアー「The UR Experience Tour 2014-2015」には専属ダンサーとして出演。日本では、SMAP、篠田麻里子、加藤ミリヤ、山下智久といったアーティストや、「宝塚歌劇団100周年記念舞台」の振付、「千原ジュニア40歳ライブ」、東京フィルハーモニー交響楽団など様々なステージの振付・演出・共演を手掛ける。また、PARCO、JSDA、「宝くじ」などのCM出演や、TOYOTAのCMの振付・演出を担当。2013年には、伊勢神宮、2015年には清水寺にて奉納の舞を行う。伊勢神宮の奉納舞台に現代ダンスが上がることは史上初の出来事となった。また「NHK紅白歌合戦」、「笑っていいとも」、「情熱大陸」、「SMAPxSMAP」、「24時間テレビ」、「世界番付け」、「ダウンタウンDX」、「27時間テレビ」(2015年)や、NHK総合「LIFE!」では"イカ大王体操第2"の振付を担当し、自身も出演するなど、多数のテレビ・ラジオ番組に出演。ダンスの枠を超えた幅広い領域で活躍している。2015年、自身初の映像作品集となるDVD『1』を発売。世界のトップアーティストから数々の共演オファーを受け続け、世界最高峰の舞台で活躍しているダンスアーティスト。
 


まつりインハワイへのご参加についてお問い合わせはこちら