新型コロナウイルスに関する情報はこちらから

TOP 参加レポート 演奏・合唱 栗原武啓 津軽三絃会

演奏・合唱

menu

栗原武啓 津軽三絃会

江戸時代の終わり頃に青森県津軽地方で生まれた津軽三味線は、力強い演奏法が特徴です。日本でも多くの人に愛される津軽三味線。近年では外国からも津軽三味線を学ぶために来日する方もいらっしゃるそうです。
日本を代表する伝統芸能、津軽三味線の演奏をハワイの人々にも楽しんでいただきたいと、栗原武啓さんを代表とする津軽三絃会の皆さんが、圧巻のステージを繰り広げてくださいました。
 

津軽三味線を楽しんでくれているな、と感じることが出来るお客様のストレートな反応が、とても嬉しかったです。

Q. 「まつりインハワイ」に参加していかがでしたか?
カラカウア通りで行われたワイキキカーニバル/ブロックパーティーのステージと、アラモアナセンターステージで演奏をさせていただきましたが、どちらのステージでも多くの人が立ち止まって私たちの演奏を聴いてくださって、大変気持ちが良かったです。
一緒に参加したお弟子さん達にとっては、初の海外での演奏でしたので、まつりインハワイのステージで演奏出来たことを、とても喜んでいました。
 
私(栗原先生)は、海外へ三味線の演奏に行くことが多いのですが、ハワイでの演奏は初めてでした。三味線は海外でとても人気ですが、特に津軽三味線はリズムがはっきりしていて、演奏の音も大きいので海外の方にも受け入れられやすいのだと思います。
演奏した曲の中で、津軽じょんがら節が一番盛り上がっていたように思います。演奏の途中でかけ声をかけてくれたり、大きな拍手をしてくださったり、お客様が私たちの演奏を楽しんでくれている事が感じられて、それが何よりも嬉しかったです。
 
まつりインハワイへのご参加についてお問い合わせはこちら